占い師になるためにはどんなことが必要なのか、占い師という職業をご紹介します。

MENU

占い師になるために

 

占い師イメージ

 

長い人生の中、身近な家族や友人には話せない深い悩みを抱えてしまうことは珍しくありません。
そんな時に頼れる存在の候補にあがるのが占い師です。
統計学や心理学、霊感というスピリチュアルな観点からのアドバイスは救いの光になるでしょう。

 

占い師に相談して人生が明るくなった、苦しみが取り除かれた、そう感じる人は少なくないです。
そうした経験や体験を聞いた人は占い師に強い憧れを持ちます。
では、占い師になるためにはどんなことが必要なのでしょうか?

 

資格が必要なのか、どのような知識があれば良いのか、求人や面接対応までを完全網羅しました。
占いが好き、人の役に立ちたい、副業として稼ぎたい、様々な需要から占い師という職業を紹介したいと思います。

 

 

占い師には資格が必要?

考える女性

結論から言うと、占い師に資格は不要です。

今この瞬間に、私は占い師だと名乗れば成立するのが占い師の業界なのです。

 

民間団体が発行している資格が存在していますが、これらは持っていればプラスになるぐらいのもので必須ではありません。
もちろん、特定の学校や講習を受ける必要も無いのです。

 

占い師の団体に所属することも不要なので、非常に自由度が高いと言えます。

 

ただし、誰でも占い師を名乗れるからこそ、四柱推命やタロットなどの専門的な占いの知識は大事になります。
コミュニケーション能力や相手の悩みを解消する会話力も求められるでしょう。
資格は不要ですが、占い師という職業を選ぶ覚悟は持たなければいけません。

 

占い師に必要な技量

 

 

占い教室からデビューする

占い師になるなら、占い教室や学校のような場所へ通ってデビューするのが1番簡単です。
最低限必要な占いの知識、コミュニケーション方法を身に着けられるでしょう。
教室や学校の教育内容にもよりますが、幅広い知識を得た上でデビューできるのが高いメリットとなります。
お金の管理や団体なども紹介してもらえるので安定した定職にしやすいです。

 

デメリットになるのは受講料のお金が発生する点です。
初期費用が少なくて済むのが占い師のメリットでもあるので、それを帳消しにしかねません。

 

ちなみに、困った時に相談出来る仲間や先生を作れるのが占い教室や学校のメリットです。
お金のデメリットを遥かに上回るので、同業者との繋がりを作るためにも上手に活用してみましょう。

 

 

占い師に弟子入りする

有名な占い師に弟子入りしてデビューする方法もあります。
特定の尊敬する占い師が居る場合は弟子入りを志願してみるのも良いでしょう。
専門的な占いの知識に加えて、他では得られない独自の理論や商法が学べるのは大きなメリットです。

 

ただし、お金を稼ぐようになるまでには数年かかることがあります。
正式なデビューが出来るかはっきりしないのは大きなデメリットになるでしょう。
また、弟子を採用していない占い師も多いので、必ずしも弟子になれる訳ではありません。
メリットは大きいですが、狭き門になるので覚えておいてください。

 

 

独学で勉強して占い師になる

 

タロットで占う手

 

占い師になる覚悟さえ決まっているなら、独学で勉強するのも良いでしょう。
書籍で勉強するのも良いですし、心理学やスピリチュアルを武器に独自の占い方法を編み出すことも可能です。

 

お金がほとんどかからないので金銭的な負担は非常に軽いです。
時間やタイミングの制限を受けないのも高いメリットになるので、副業として考えている人にはぴったりでしょう。

 

しかし、中途半端な知識では悩みを抱えるお客さんを納得させられずにトラブルが起こってしまいます。
分からないことを相談する相手も身近にいない状態が想定されるので、ある程度の困難を乗り越える気力が必要です。
自由度が高いですが、困難も大きくなることを忘れないようにしてください。

 

そして占い師として力を付けたあとは、どのように活躍するかは様々です。
対面式の占いや電話占いなど、占い会社の求人情報がたくさんあります。自分のスタイルに合った方法で働き方を見つけましょう。