どんなタイミングで他者に貢献したい気持ちが芽生えたかを伝えると良いでしょう。

MENU

面接のコツとアピール

 

占い師の求人に募集を行うと、次のステップに面接があります。
就職活動をした経験がある人はすぐに分かると思いますが、面接はなかなかに難しいハードルです。
一般常識とされる礼儀作法や受け答えで合否が決まる節があり、苦手意識の強い人もいるでしょう。

 

ですが、そうした一般的な面接とは違って占い師の場合はもっと楽な面接となります。
占い師の面接で大事になるコツ、そしてアピールの方法を紹介したいと思います。

 

 

面接時の志望動機について

 

占い師の面接イメージ

 

面接の際に有効なコツとなるのが志望動機についてです。
どうして占い師をやりたいのか、どのような占い師になりたいかをはっきり伝えるのがコツです。

 

そもそも占い師は簡単な職業ではありませんし、稼げるのも一部の人となります。
だからこそ、強い意志や目的が無ければ長く続けられないのです。
占い会社であればそうした現実を知っているので、志望動機がしっかりしているかを確認します。

 

他者に貢献したい気持ちが強いことを伝えるのが好印象になるでしょう。
しかし、こうした志望動機は誰もが言うものなので他の占い師と差別化をはかるのが難しいです。
そこで面接時のコツとして紹介したいのが、どのようなタイミングで他者に貢献したい気持ちが芽生えたかです。

 

自分がトラブルに遭遇した時、誰かに憧れて、友人の悩みを解決した時に、などなどがあります。
人生経験を踏まえたエピソードを交えると面接官に良い印象を持ってもらえるのです。

 

 

面接で自分の占いをアピール

占い師にとって最も大切なのは占いによる成果です。
面接官に許可をもらい、その場で自分が得意とする占いを行ってみるのが良いでしょう。

 

タロットや四柱推命などを面接官に対して行うのです。
多くの占い師を見て来た面接官からすれば、会話の流れや占いの内容を見ればある程度の判断が可能です。
占いに魅力があるならば問題無く採用されるでしょう。

 

面接の場で占いをやるのは少し緊張するでしょうが、初対面のお客さんを占うつもりでやれば問題ありません。
むしろ、初対面の人であっても物怖じせずに占いが出来なければ占い師としてやっていけないです。

 

自分の魅力をアピールするには占いを行う、これこそが面接で最適な行動と呼べるでしょう。

 

占い師を評価するのは感覚的な部分に頼られます。
面接に落ちても他の会社であれば合格する可能性があるのです。
あまり気負いし過ぎず積極的に行動するのが採用への近道です。