プロの占い師に弟子入りするにはどんな方法があるの?弟子入りするための心構え

MENU

占い師の弟子になる

有名な占い師や近くの占い館の占い師に弟子入りをすれば、お金をかけずにプロのノウハウを身に付けることができます。
条件によっては給料を貰いながら下積みをすることも可能です。
電話占いが普及してから、弟子入りをするルートで占い師になる人は減っていますが、果たして現代でもプロに弟子入りすることは可能なのでしょうか?

 

 

弟子入りする方法

弟子入りの申し込みをする女性

  • ブログ、SNS、メール、電話問い合わせで相談する
  • 鑑定を受けて、その場で懇願する
  • 占い館の求人に応募する

 

上記が主な弟子入りの方法です。もっとも現実的なのは占い館の求人に応募することです。
事務員やアシスタントを募集している求人は少ないですが、根気強く探してみて下さい。
ネットの予約システムが普及したことによって、占い師がアシスタントを求める需要は減っています。
熱意を持って弟子入りを志願して、一度断られても諦めない強い気持ちが大切です。

 

 

鑑定を受けた占い師を選ぶ

占い師からしてみても、弟子入りを志願された場合、「なぜ自分のところにきたのか?」を一番気にします。
自然な答えは過去に受けた占いが当たったことです。

 

師弟関係は信頼関係がないと成立しません。
テレビや雑誌、ネットの口コミを見たという客観的な内容では弱く、本当にその占い師のノウハウを学びたい強い信念と、占い師のスキルに共感していることが大切です。
弟子入りからプロの占い師を目指すのであれば、まずはより多くの占い鑑定を受けることから始めましょう。
多くの占いを受けた経験から、弟子入りを志願する占いの魅力について熱く語れる想いがないと弟子入りを認められるのは難しいです。

 

 

弟子入りするハードルが上がっている

一昔前は弟子入りするのが占い師になる定番の方法でした。
ベテランの有名占い師であれば、過去に数名は弟子を取ったことのある人が多いです。

 

しかし、大半の人は真面目に勉強せずに途中で挫折しています。
弟子やアシスタントでは、まともな収入を得られないので経済的な理由で諦める人が多いです。
弟子を取って労力をかけた結果失敗した経験を持っていると、新しい弟子を取るのに消極的になってしまいます
他の人に負けない熱意を伝えるとともに、数年は貯金で食べていける余力があるなど、経済面の話もアピール材料にすると良いでしょう。

 

 

弟子の仕事

主に掃除、電話、メールの問い合わせ対応、受付、お茶出しなどの雑務です。
お客は占い師とマンツーマンの鑑定を望むので立ち会うことはありません。
雑務をこなしながら、空いた時間に占いのノウハウを学びます。

 

予約がビッシリ埋まるような人気占い師に弟子入りすると、日々の業務で手一杯になり、占いを学ぶ時間を全然取れないようになることもあります。
電話占い師は雑務がないので、弟子を募集しないケースが多いです。
最近は通販や学校が普及したので短期間で確実にスキルアップしたいなら弟子入りよりも、お金を払って教育を受ける方法が人気になっています。

 

参考記事:占いの学校に通う