仕事を辞めて占い師になるよりも、まずは副業から始めてみるのも良いでしょう。

MENU

副業としての占い

 

占い師という職業は、実は副業としての相性がとても良いです。
実際、日中は会社員として働き、週末と深夜の時間で占い師の副業をやる人は増えています。
人気が高くならなければ稼げませんし、福利厚生などを期待出来ないのも副業化を進める要因でしょう。
念願の占い師になっても収入が少な過ぎて一般企業への転職を行う人もいます。

 

占い師を副業にする場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?
バランスの良い副業の形の占い師について見てみましょう。

 

 

占い師を副業にする

占い師が忙しくなるのは夜間や週末の時間帯に限られています。
平日の真昼間に占いを依頼して来る人はやはり少ないのです。

 

そうした側面から見ると、お客さんが大勢集まって来る夜間や週末だけ占い師をやる方が合理的です。
占い師を本業にすると人気や占いの技量が高く無ければいけません。
人柄もあるので生活して行けるだけの収入が得られるかは未知数です。

 

しかし、占い師を副業にしている場合は本業が別にあるので収入面では安定するでしょう。
対面式でも、電話占いでも、年間で100万程度の収入を得るのはたやすいです。
本業を別に持ち、無理のない範囲で副業の占い師をやるのは現代のライフスタイルにマッチしています。

 

 

ネットやアプリで占い

スマホを持ってOKサインを出す女性

対面式や電話以外にも、メールやスマホアプリによる占いサービスも存在します。
個人でお客さんを募集する方法もありますし、アプリであれば気軽に占いを活用することも可能です。

 

便利なものが多いので、空いた時間で無理のない範囲で行えるものがたくさんあります。

 

そもそも、占いの仕事は単発のことが多く、しかも1回の占い時間は非常に短いです。
平均すると1時間にも満たないケースがほとんどでしょう。
そうした特徴を踏まえると、空いた時間に行える副業としての占い師は理にかなっています。

 

電話占い師という選択

 

 

現実を知るための副業

いきなり仕事を辞めて占い師になるよりも、まずは副業から始めてみるのがおすすめです。
本当に占い師としてやっていけるのか、自分の実力を試せる良いチャンスでしょう。

 

副業である程度の収入が達成でき、人気が出るようであれば本業にすることも考えて良いです。
占い師は簡単な仕事ではありませんし、お客さんのネガティブな思考にやられて精神的につらくなる人も多いです。
続けて行けるかを判断する方法に副業を活用するのはありです。

 

占い師に定年はありませんので、老後の副業に利用するパターンもあるでしょう。
何かと無理をし過ぎる日本人なので、あくまでも無理のない範囲での副業に留めておくのが吉です。

 

本業に支障が出ないようにバランスを取って占い師の副業を行ってみてください。