占いは通信教育でも学べるの?相性の良い占術や費用相場をリサーチ!

MENU

占いの通信教育

占いの通信教育イメージ

通信教育を使えば、初心者でも効率的に占いを学べます。
占いの基礎知識はネットや書籍で簡単に知ることができますが、占いは非常に奥が深く初心者が正解に辿り着いたり問題点を把握するのは困難です。

 

通信教育では課題やメールサポートなどで、間違っている内容や足りない部分をプロの占い師から指導してもらえるので、短期間で確実に成長できます。
占いは知識だけではなく経験やセンスが重要です。記憶が苦手な人ほど独学よりも通信講座を受けた時の成長差が顕著に現れます。

 

 

通信教育の相場

占いの通信教育は多数あり、占術によっても相場は変わってきます。
全体的に3~6か月ほどの期間で5~10万円ほどが相場です。
安いものは3万円から。高額な講座は20万円以上するものもあります。
高ければいいというワケではないので、評判をリサーチして信頼できる通信講座を受講しましょう。

 

 

詐欺商材はあるの?

占いを受けたい人はたくさんいますが、占い師になりたいと思って通信講座を受講する人は少ないです。
占いの商材を作る労力は大きく、利用者の多くは独学でも勉強しているので中途半端なサービスを提供するとすぐに悪評が広まってしまいます。
提供するノウハウが幅広く、1人1人に手厚いサポートが求められる分野です。
詐欺商材も一部で存在しますが、通信教育関連やノウハウ提供系の商材の中では、詐欺、ボッタクリ商材が少ない分野です。

 

ただし、霊感やスピリチュアル系は通信教育だけで身に付けられるものではなく、受講者からの満足度が非常に低いです。
通信教育では、タロット、占星学、四柱推命など知識や分析力を求められる占術との相性が良いです。

 

通信教育の内容は、Web動画を中心にしたものが多いです。
提供するノウハウは主に初心者向けの基本的なことで、書籍やYOUTUBEなどの無料動画と内容に大きな違いはありません。
サポートや課題を通じて勉強する必要性で通信教育を活用するか判断してください。
独学が苦手な人は料金に見合う価値を感じられるでしょう。

 

 

自分を占うために活用する人が多い

プロの占い師を目指す人からは、占いの通信教育を利用する需要が低いです。
適切なノウハウの提供と指導をしてくれますが、占いを商売にするには生身の人間を相手に鑑定した経験が必要です。

 

通信教育は経験を積める量に限界があることから、商売ではなく趣味で自分の占いをしたい人からの需要が高いです。
占いが好きな人は、周囲に内緒にしていることが多く、趣味の範囲内でも周囲に練習台をお願いしにくいと思っています。
自分のことを占うスキルを身に付けるために通信教育を活用するケースが多いです。

 

占い館や電話占いで鑑定料を払うのであれば通信教育の方が長期的に見てお得です。
自分で最低限の鑑定ができれば常に運気を見極めて適切な行動や判断ができるようになります。
自分の鑑定で練習しながら先生のアドバイスや見解を聞き得れば、プロの鑑定結果を知ることもできるので、仮に占いを覚えられなくても料金がムダになることはありません。